晩秋
Astra

南へ向かう鳥達が
薄色の空に溶けて行った

きみは衣装棚から
厚い上着を出してきて
胸元に飾った小さな憧れを
そっと隠した

子犬が地層の匂いを嗅いでいる
鳥の化石に恋をしたんだ








自由詩 晩秋 Copyright Astra 2012-04-05 20:42:06縦
notebook Home 戻る