小原あき

今日という船が
昨日という川を流れていく

川の水源には産声があり
川の果てには海がある

だから海は
あんなにも大きくて
少し悲しい

わたしのオールは細すぎて
川の流れは遅すぎて
沢山の人に追い越されているのだけれど
これは競争ではないから

人は孤独だという
でも、川は
地から湧き出るもの
海でみな
一緒になるものだから

わたしは孤独でも
自分の力で
船をこいでいくだけだ




自由詩Copyright 小原あき 2012-01-12 11:29:11縦
notebook Home 戻る