「 のーもあブラ。 」
PULL.







買いものしようと街までのーブラでサザエさんみたいにでかけたい。

ありがとう不快指数と呪文をとなえのーブラのまま街にでる。

ブラをした彼を見てママの寝室をのぞいた夜をおもいだす。

首すじのふく乳がブラが欲しいというのでピップエレキバンぴっ!。

ブラの痕がそそるというトランクス派の彼(あたしブリーフが好き)。

のーブラのーメイクであなたとデートそんなやさしいあたしのテロル。


がっつりとブラの上から乳首をさがす迷子のゆびにのーもあブラ。


のーブラに向いた胸とない胸をはる妹のすける「ぼたん」を押す。

ワイシャツにすける乳首をゆびさすムテキのこどもにヒキツル母あり。

トレードしたモトカレのブリーフをつけ狩りにでるのーブラ生活。

つめ込むだけの肉をつめ込んでそれでもなおあまる貧しい夏よ!。


あなたが肩ひもをぱちんとやるあたしのなにかがぱちん!とはじける。












           了。



短歌 「 のーもあブラ。 」 Copyright PULL. 2011-08-01 02:00:02縦
notebook Home 戻る  過去 未来