メシアはどこだ
真山義一郎

僕はケータイで
ニルヴァーナの
「十七歳の娘の匂いにむんむんむらむら」
を聴いていた
そうしながら
いつの間にか
旦過市場の異次元に迷い込んでいた
魚屋で一匹の
真っ赤な
鯛が
「メシアはどこだ?」
と訊いてきた
飯屋のことだろうか
僕は路地を曲がったところにある
飯屋を教えてやった
鯛は
舌打ちした

歩きながら
僕は
石原さとみのことを考えていたんだ
石原さとみの眉毛はぼーぼーだ
眉毛がぼーぼーの女は
下半身の毛も剛毛だという
いや、
剛毛でないと
許さない
パンティからはみ出るほどの
真っ黒い剛毛
僕はひざまずき
君の匂いを嗅ぐよ
そんなことを考えていたら
ダンボールを道に敷いて
バナナを喰っている男がいた
ウンコ座りで
よく見ると
キリストだった





自由詩 メシアはどこだ Copyright 真山義一郎 2010-10-28 00:46:44縦
notebook Home 戻る