声の実験
あ。

女の声は殆どが水で出来ている


舐めとればそれはひどく甘ったるくて
お祭りの屋台で食べた綿菓子みたいに
口がべとべとになってしまうんだ


男の声は殆どが煙で出来ている


吸い込めばそれは細胞まで染み渡り
壁に描かれたスプレーの落書きみたいに
なかなか取り除けないんだ


わずかな表面張力を切り取り
吐き出された二酸化炭素と一緒に編みこむ
温度はいつまでも曖昧で、それだけで
快感な空間が簡単に完成される


飽きるほど満ち足りるまで何度でも実験する
白衣はとうにあちこち汚れている
それでもまだやめることが出来ない
耳から奥に入り込んで離さない
名前は知らない


自由詩 声の実験 Copyright あ。 2010-05-16 17:28:27縦
notebook Home 戻る