冬枯れ
都志雄

○ 一羽来て日輪背負いカラス鳴く冬枯れの土手に小用足すとき


○ 風となり枯野駆け往く自転車は赤子の瞳に何を残して


○ オルガンを枯野一面響かせて陽は寒風に反比例して


○ レモンティー飲めば何度も視線合い光る川面のあの日のきみと


○ 約束の三時に行くと君はいて日なたで少しうつむいていて







短歌 冬枯れ Copyright 都志雄 2009-12-27 21:19:18縦
notebook Home 戻る