非在の虹

わたしが蝶であるなら
世界が剥き出す筋肉の紫の静脈の盛り上がりを
ペロリと舐める
その時の世界の激しい快感を 想像出来る

わたしが蝶であるなら
世界が秘めている恥部 その柔らかく熱い粘膜の奥を 
ススッと擦る
その時の世界の身悶えを わたしは想像出来る 

蝶よ 毛だらけのストローの口持つものよ
理性のひと羽ばたきで 世界の頭部を砕け
べとべとした快楽に脳は煮えたぎっているだろう 

わたしが蝶であり 蝶はわたしであるなら
わたしは快楽を与え それを受け入れるみだらな虚け
わたしは世界を死に至らしめ わたしの死体もそこに転がる 


自由詩Copyright 非在の虹 2009-06-16 17:46:10縦
notebook Home
この文書は以下の文書グループに登録されています。
鳥獣虫魚