金魚
非在の虹

机から滴り落ちる水
机には陶器の水差し
水差しの中に一匹の金魚
ブロンズのように沈む

誰も覗かない部屋の誰も触らない机
その上の誰が置いたのか分からない水差し
金魚は目を閉じて永遠にひれを揺らす
孤独の楽しさに孤独に笑う

窓も閉じた暗い部屋の黴の臭い
ごく稀に跳ねる金魚
ポチャンという音を聞かれる気遣いはいらない

しかしこの赤い鱗の小魚の愉悦はもう続かない
まもなく襲う災いが水差しを倒す
床で跳ねる金魚を水に戻す者はいない


自由詩 金魚 Copyright 非在の虹 2009-06-12 21:10:10縦
notebook Home
この文書は以下の文書グループに登録されています。
鳥獣虫魚