潮騒
Astra


冷んやりした部屋の
窓際に椅子を置いて座る

裸電球に照らされた
オレンジ色の壁に
魚の形の滲みが付いている

じっと見つめていると
風が梢を揺らす音に混じって
足音が聴こえてきた

だんだん大きく
近くなると
ドアの前で
ぱたっと止まった

(ただいま

誰も言ってくれないから

(おかえり

ひとりで呟いてみる

歩き出した足音は
だんだん小さく
遠くなって
やがて
消えてしまった

誰だったのだろう

魚の形の滲みが
部屋中に広がって
すべてが闇になった

たぶん夜の海だったのだろう





自由詩 潮騒 Copyright Astra 2009-04-05 21:08:37縦
notebook Home 戻る