置き文
佐野権太

堅い梢から
白い気泡がぷつぷつと生まれて
二月の空に立ちのぼる

それは
君の唇からもれる
小さな温度に似ていて
僕の尾ひれを
とくん、と春へかたむける

ふらりと現れて
はな先で水草をかきわけ
また静かに回遊してゆく
遥かな人よ

元気でいます、と
つないで
いまごろの君が泳ぐ
水空を思いやる

春の方向を示した
ゆびのサイン

果実をひとつ、ふたつ
添えておくよ







自由詩 置き文 Copyright 佐野権太 2009-02-06 11:37:14縦
notebook Home 戻る