さかなのよる
たりぽん(大理 奔)


さかなの星空はいつも
境界線でゆらめくのです
星空を落ち葉がよこぎり
岸辺のすすきも
月明かりに
にじみながら手を振って

失ってしまったときに
ひとはさかなになる
月だってゆらゆらと

ゆらゆらと
夕方が傾いていきます
わたしもかたむいていきましょうか
ほんとうのさかなになって
息のできないものに満たされて
歩道の端でぱくぱくと

さかなの星空は今夜
電気仕掛けでまたたくのです
よこぎるものもゆらめき
月明かりもにじんだ
水彩画のような
まぶたのうらで




自由詩 さかなのよる Copyright たりぽん(大理 奔) 2008-11-15 23:29:48縦
notebook Home
この文書は以下の文書グループに登録されています。
私的星座盤