莫迦坊日和   〜ばかぼんびより〜
山田せばすちゃん

兩頰に赫き渦卷書き入れつ街を往けども誰も嗤はず

不快指數高き闇夜に獨りゐて柳の枝の猫をこそ思へ

四拾弐の夏は来にけり莫迦坊の父より年嵩なりしや吾は

川緣の住處は如何に雨音の激しき夜半に鰻犬思ふ

兩の眼の繫がりてあれば拳銃は虛空に向けて發射さるのみ

夭逝のガロアの傳記讀み終へて淚さしぐむハジメは壱歳




短歌 莫迦坊日和   〜ばかぼんびより〜 Copyright 山田せばすちゃん 2007-07-05 12:36:30縦
notebook Home 戻る  過去 未来