少年少女/まわる星
石田 圭太

ある
ありふれた
想い
という
呼び名の比喩が
争え
という
プログラムの元
生まれて初めての出航をし、
次の刹那
辿り着いた先が
温かい
実は
腹の上
だったと
結局
何もかも
知らされないまま
終わった。
という
話を







そこに
全てがある
という
少年の言葉に法り
少女は
考えうる全ての夢を
一つの鞄に模倣した
窓から
かみひこうき二つ
飛ばして
一つの未来を模倣した
馴染みの坂を
下って
いく







少年少女が
覚えたての言葉で
愛を
模倣した日
両親は
言葉にならないものを受け取り
言葉を失って
涙で
模倣していた







男と女
を意識する
少年少女の
初めて
模倣したそれは
ただの痛みで
喜びないものが広がり
声になり
別れを
模倣していった
愛は
始めからなかった
やがて
他の少年少女に出会い
知った






少女の
肩を叩く
少年の
指先から始まる
広大な
緑の平原
むせるほどの
春の匂い
模倣の宴に
少女は
歓声を上げて
少年も
わーっ

それを
模倣した
鞄の中身を
広げ
合って
嬉しい
嬉しい

話し
合った
気持ちいい
気持ちいい

許し
合った
草花も
すべからく
生き物はその輪から
もれることが
ないように

夕暮れに
攫うような風が吹いて
さくらの花びら
千切って
飛ばした
駈けていくのは
ハミングバード
その尾先の
光を追って
夜が孕んで
消していった
今日は
幾つが結ばれて
幾つが







向かいあって眠る
喪失していく何かを見つめる為に
解いた指で契りを数えて
くの字に曲がった二人の跡を
詩と名付けた
あの
朝の話をしよう





自由詩 少年少女/まわる星 Copyright 石田 圭太 2007-03-31 01:00:10縦
notebook Home 戻る