" ランダム表示 【自由詩】考察 〈海辺にて〉
考察 〈海辺にて〉
Tsu-Yo


水平線に帽子を被せている人を見た
世界と対等に向き合うということは
それほど
難しいことではないのかもしれない
子供たちに蹴飛ばされた波が
海の向こうで
砂浜に描かれた絵を消している
(あるいは誰かを暗い海の底へと)

傷つけることでしか
繋がれない時もある
じっと見つめられると
やはり
僕らは無口になってしまう





自由詩 考察 〈海辺にて〉 Copyright Tsu-Yo 2007-06-04 21:02:12縦
notebook Home