窪ワタル
1976年終戦記念日生まれ 

酒と煙草とコーヒーを愛し、お姉様をこよなく好む。

詩に関する限り、お世辞はいらないとおもう

嘘つきは詩人のはじまり である

最近は、こういうことを企んでいる

京町家オープンマイク 言鳴―ことなり―
サイトが出来たので、遊びにきて下さい。

http://kotonari.michikusa.jp/

**** 

「独白・未詩」について幾つかを削除し、幾つかを「自由詩」に加えた。「自由詩」に加えたものについては「独白・未詩」の中でも、残しておきたいものだったので、敢えてそうした。
今「独白・未詩」にあるものについては、どうしても「自由詩」と云うわけには行かず、かと云って削除もしたくないもののみ。

今後は、どのようなものも「自由詩」として投稿する。(「批評・エッセイ」は当然ながらこの限りではない)
         
**** 
小4の頃初めての詩を書いた
 勿論、詩と呼べないような代物だった
 とおもう
 
  *

 先生
 あのはなまる
 ずっと忘れないでなるべく長く
 なるべく沢山
 なるべく丁寧に書いて行こう
 とおもっています

 先生
 両親の次に
 谷川俊太郎の次に
 あなたのお陰で書いています

 早く元気になって下さい
 お願いだから
 もう少しだけ時間を下さい
 もうすぐ一つ歳をとります
 まだ書いていられるとおもいます
 
  一日延ばしの悪い癖が直りません
 だから少し
 あと少しをなるべく引き延ばして
 気にならないけれど
 決して忘れないところで
 生きてて下さい
 お願いだから

 先生
 先生
 私の先生

(めずらしく風の優しい8月2日 KN先生へ)

   



おすすめ(636)
投稿作品(39)
データ
ひとことダイアリー(0)

 
Home 戻る