つれづれに思う詩の世界/石川和広
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- いとう 
- あおば 
- 青色銀河団 
- すぬかんながぐつ。  
- かおる 
- 北野つづみ 
- 岡部淳太郎 
- 銀猫 
- アマル・シャタカ 
- ふるる 
自分は、いい、悪い、を早急に決めすぎかもしれないな、と最近思いました。例えば、消費されるための詩は(これからの世の中を背負っていく子供に向けて、大人としては)いまいちだとか。そういう権限は、無いのかも。いい悪いは時代が勝手に決めるのかも。
うだうだ言う暇があるなら、石川さんのように、言葉との関係をみつめつつ、書いていけばいいんだなと思いました。
- パラサイ人の手紙 
 
作者より:
皆様読んでいただいてありがとうございます☆

ふるるさん、うん。色んな意見があると思うんですけど、自分で、できそうな事といったら一番基本的なことが浮かんできました。言葉との関係をみつめる。実は一番難しいかも。
ありがとう。

戻る Home
コメント更新ログ