一つの詩を/ひだかたけし
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 田中宏輔 
- 山人 
- Giovanni 
世界と繋がり、その内奥に浸潤する。詩は、世界に私の軌跡を微かにでも残してくれるのでしょうか。むしろ、そう思うからこそ詩を書くのかもしれないなと思います。
- アラガイs 

これで明日死んでもいい。このような作品を詩を追い続けるのですね。
- komasen333 
静かに涼やかに確かな決意が煌めくようで。詩を書く者としての共感と同時に、良い意味で背筋が伸びるような感覚に。
- 鵜飼千代子 
- 空丸 
- 梅昆布茶 
- こたきひろし 
- 印あかり 
- ナンモナイデス 
- 青井クジラ 
 
作者より:
Giovanniさん、アラガイsさん、

毎晩一つの詩を書き留めアップする、他者の面前に曝す。この行為が自分を世界へと繋ぐ。
さらに濃く繋がれ自分という終わりを迎えれば、後悔はないのです。/

komasen333さん、

夜風を網戸越し浴びながら、清明な意識で書いたからでしょうか…ありがとうございます。ゝ

戻る Home
コメント更新ログ