十四歳で死んでいったやつらに/ホロウ・シカエルボク
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- ひだかたけし 
- 水宮うみ 
- 花猫 
- はるな 
- アラガイs 

なんであれ、14歳の死は早いよ。
- 無限上昇のカノン 
- 鵜飼千代子 
中学生の頃、父母より長生きしたら不安だから今死んだほうがマシではと思い、でも出来ずに、その話を実家で最近したら「そうして短絡的だからダメだ」と父に言われました。(笑)
未だに両親が亡くなる事を考えると先に死にたくなりますが、わたしの代わりに亡くなった子供なのかもとこの詩を思い読みました。
- ナンモナイデス 
- atsuchan69 
- 梅昆布茶 
放浪してかえってない
きみにポイント。
- TwoRivers 
- Giovanni 
- 入間しゅか 
- 由木名緒美 
- Lucy 
- 鈴川ぽろ 
 
作者より:
☆ひだかたけしさん、ありがとう。

---2021/04/11 22:18追記---

うわっ、たくさん入ってる…
どうしたことだ、これは。

☆水宮うみさん、ありがとう。

☆千代弦さん、ありがとう。

☆はるなさん、ありがとう。

☆アラガイsさん

なにも知らないうちに死ぬには
ギリギリのラインなのかもしれない。

☆無限上昇のカノンさん、ありがとう。

☆鵜飼千代子さん

僕も似たような感覚、よくありますよ。
あの時死ななかった自分の代わりに
詩の中で死んでもらってるのかもしれないみたいな。

☆ナンモナイデスさん、ありがとう。

☆atsuchan69さん、ありがとう。

☆梅昆布茶さん

心はいつでも解いておかないと
人は本当にどこにも行けなくなるんだ。

☆TwoRiversさん、ありがとう。

☆Giovanniさん、ありがとう。

☆入間しゅかさん、ありがとうございます。

---2021/04/18 22:01追記---

☆由木名緒美さん、ありがとう。

☆Lucyさん、ありがとう。

---2021/08/29 22:39追記---

☆鈴川ぽろさん、ありがとう。

戻る Home
コメント更新ログ