破壊と構築について/アラガイs
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- st 
- 鵜飼千代子 
わたしの住む千葉県印西市の公園の公衆便所にも「バンクシー作?」というイタズラ描きがみつかりテレビでも流れていましたが、現在は消されているようです。

印西市散策(9)・・バンクシーの落書きが消去された双子公園
https://4travel.jp/travelogue/11491344

わたし自身は「前衛的な作品」を書いている意識はありませんが、そのように取られる作品の場合、誰がどう評価するのかということには関心があります。記憶によるものなので若干違いがあるかもしれませんが、阿ト理恵さんが小説のつもりで出版社に持ち込んだところ「これは現代詩です」と言われ出直し、詩学で賞を取るということがあったりしましたから、「現代詩を書いた」のに松丸君に「謎解き」されてしまったりとこれからはあるかもしれません。何を言っているのかわからない古市ポエ氏もあなどれません。そう考えると先行きにワクワクしますが、作者の意気込みはともかく、鑑賞者サイドには「道楽」「暇潰し」「気分転換」の要素が無いと付き合いきれないかなと思います。(。☉∆☉)ワァオ☆
- 津煙保存 
- ひだかたけし 
---2021/01/14 12:55追記---
珍しく?真っ向勝負ですねぇ(笑)♪
- 田中宏輔 
- 北極星 
バンクシーは、著名でありながら匿名を語ることで、破壊し続けることに成功した。いや、成功しているように見せかけることに成功した。その成功は、彼女自身の連続性を破壊し、作品の依るべき視座を完全に私たちの手に委ねることによって果たされた。彼女もまた説明可能な現代アーティストの1人である。そして、説明できるということは、現代美術の限界を如実に表している
- 大村 浩一 
- 空丸 
ビートルズがでてくるとは嬉しいです。
以下の方がポイントなしでコメントを寄せています。
- 一輪車
バンクシーなんてのはグローバル富裕層向けエセ芸術サービスでしかないだろが。
超富裕層(VVIP)というのは慈善事業と、偽りのオークション批判を好む。それが政治的正しさだと思って
自分たちがただの金持ちではなく良心もそれにふさわしくピカ一だと思いたいのだ。
バクシーはそのために絵画仲介ブローカーによって用意された芸術的装いの生贄豚にすぎない。笑
何も知らないくせに、何をバカなことを書いているんだ。恥を知れ。
最近はますます、俗物臭くなってきたな。近寄るとおまえ、腐臭がするぞ。
「リベラルとは何かを今一度考えてみたい。」とかいう文言。ぎゃーと飛び退きたくなるほど
文学サロンのおやじ風で不潔だったが。おまえ、それがわからないのか?
ほんとにダメになったな。おまえはもう詩人でもなんでもないよ、おまえは。


 
作者より:
stさん、いつもお読みくださりありがとうございます。

鵜飼千代子さん、コメントありがとうございます。いい落書きですね。何で消しちゃうのかな。ああいう洒落の利かない処がダメな感覚ですね。日本人は。なんでも真っ新じゃないと通用しないとか思ってしまう認識感覚。野菜ですよ。スーパーの野菜。アレと同じですね。デザイン感覚でいえば昔の家紋。あの頃のほうが感覚は研ぎ澄まされていたのではないか。なんでダメになっちゃんだろうかな、と考えてみれば、やはり西洋文化の影響が大きいのでしょう。英語ログを扱う日本人のデザイン感覚は酷いですからね。あ、これは主に車やスポーツシャツのステッカーのことだけど。

津煙保存さん、お読みくださりありがとうございます。

ひだかたけしさん、テレビ放送ご覧になったのかな。?。放映されちゃうってことになると当の本人は自己演出してしまいますからね。過去のことがあるだけに、あまり過剰に美化して映してほしくないとも思います。サルもたまには思ったことも書かないとね。笑。お読みくださりコメントありがとうございます。
-
田中宏輔さん、いつもお読みくださりありがとうございます。


一輪車くん、コメントありがとう。バンクシーはね、そこの処皮肉ってんだよ。凄いじゃないか。それで大金を稼ぎだす。銭を出す阿呆がいる。なのできみの言ってることは正解だよ。だからいいんだよ。ほら、アンタだって覆面被ってるじゃないか。笑。アンタがリベラリベラとしつこく書き込むから思わず買っちゃったよ。「リベラルとは何か」田中拓道著。アンタも勉強しろよ。笑。






--んん

---2021/01/15 02:07追記---

---2021/01/18 18:49追記---

北極星さん、お読みくださりコメントありがとうございます。実際バンクシー自身がどれほどの金額を手にしているのか、それも謎ですよね。幸運にも本物の作品を手に入れた。そしてオークションに出品した。売り手は莫大な利益を得ているのは間違いないでしょうが。2010覆面姿で自身映画に出ているらしいのですが、観ていないのでなんとも言えない。が、おそらく彼は女性ではないでしょう。


大村浩一さん、ありがとうございます。


空丸さん、コメントありがとうございます。飽きるほど聴いてきたけどたまに聴くといいものですね。ビートルズも。
---2021/01/29 01:04追記---

---2021/01/30 12:59追記---

Home
コメント更新ログ