ラッキーなのは/間村長
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 笹峰霧子 
- 鵜飼千代子 
- こたきひろし 
- もとこ 
- 仲程 
シュレディンガーの猫みたい。
- 夏川ゆう 
- 空丸ゆらぎ・続 
- ひだかたけし 
- ふるる 
以下の方がポイントなしでコメントを寄せています。
- 孤蓬
>私は稗田阿礼(ひえだのあれ)の編纂した
>古事記を朗読しながら
『古事記』を編纂したのは、稗田阿礼ではなく太安萬侶です。
稗田阿礼が誦習していた『帝紀』『舊辭』を、太安萬侶が筆録、選進したものが『古事記』です。

---2018/06/27 18:30追記---
>古事記の編纂者は稗田阿礼、太安万侶と記述して居るところもあるようですよ。
どこのサイトですか? URL等をお示しいただけませんか?
なお、ウェブサイトは誰でも作成できますので、そういうサイトがあったからといって、鵜呑みには出来ません。
そもそもの大前提として、そのサイトの執筆者は、誰ですか? 専門家なのですか?

---2018/07/11 19:49追記---
>確かにWikiで調べても、ここはフリー編集と言っても厳格ですから
Wikipediaは便利ではありますが、学術論文などの参考文献となり得るような信頼性はありません。

>で、唐突ですが「http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/artifact/0000000088」ですね。
このURLは奈良県の観光サイトですね。
当然、学術論文などの参考文献となり得るような信頼性はありません。
というより、観光サイトなどには、歴史的事実にはほとんど重きが置かれておらず、都市伝説的な記述も多々あり、参考にすべきものではありません。

>「「古事記」編纂者の一人。」と記述されて居ました。
そもそも、この記述自体、稗田阿礼が古事記を編纂したというニュアンスではありません。
要するに、古事記の編纂事業の一角に稗田阿礼がいたというニュアンスの記述です。
その意味では、この記述は誤っていません。
稗田阿礼の誦習していた所を、太安萬侶が筆録、選進したということは、稗田阿礼が古事記編纂事業の一角にいたことは間違いないからです。

しかし、貴作のように、
>私は稗田阿礼(ひえだのあれ)の編纂した
>古事記を朗読しながら
と言ってしまっては、稗田阿礼が中心となって古事記編纂事業が行われたというニュアンスになってしまい、事実とは異なってしまいます。

>あなた(狐蓬さん)の言う通り
私は「孤蓬」であり、「狐蓬」ではありません。
これまで、貴台は正しく「孤蓬」と記述されていましたが、なぜ今になってわざわざ「孤」にかえて「狐」の字を用いられるのか理解できません。
通常、このような行為は、嫌がらせに類するものですが、どういうことでしょうか?
 
作者より:
確かに古事記は稗田阿礼に誦習(しようしゆう)させたものを太安万侶が撰録(せんろく)(編集)したものなので厳密に言うと編集者(編纂者)は太安万侶なのかもしれません。

でも編集(撰録)の為の手助けつまりここでは誦習(しようしゆう)行為を編集(編纂)行為と考えてそのように記述しているサイトもあるようです。

幇助的な行為も「編集(編纂)」ととるのですね。

なので古事記の編纂者は稗田阿礼、太安万侶と記述して居るところもあるようですよ。(ちょっと厳密さに欠ける側面はあるかもしれませんが)

詩だからと言って、あやふやな、ちゃらんぽらんな考え方が通るとは思いませんが、如上のような事情によって、どうしようか、再検討中ですが、訂正しないかもしれません。
---2018/07/11 12:39追記---

確かにWikiで調べても、ここはフリー編集と言っても厳格ですから、あなた(狐蓬さん)の言う通り「太安万侶が阿礼の「誦習」していた『帝皇日継』(天皇の系譜)と『先代旧辞』(古い伝承)を編纂し、『古事記』を完成させた。」と成って居ますし、他のサイトでも、似たり寄ったりで、太安万侶の撰録と言う表現も見受けられました、稗田阿礼が暗唱したものをですね。

で、唐突ですが「http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/artifact/0000000088」ですね。長ったらしいURLなので「稗田阿礼」と関連検索した方が早いかもしれません。記事羅列一ページ目の最後らへんにありました。責任転嫁する様で心苦しいのですが、「「古事記」編纂者の一人。」と記述されて居ました。「古事記」で関連検索すると殆どは、稗田阿礼は暗唱者、誦習者であって、太安万侶が編纂者と区別した記述が殆どです。稗田阿礼は非実在説も含めて、興味深い人物だと思いました。


---2018/07/11 16:40追記---

仲程さん、シュレディンガーですか。車の入れ替えパズルや、ドアノブが赤いところがそう言う連想を生むのかもしれません。

Home
コメント更新ログ