ねむらない/たもつ
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 1486 106 
泣けるかも。
- 青い風 
ねむらない ということの中に、女性の性や悲しみを感じました。
- かいぶつ 
- .゜. 
- ヒロシ 
- ゆうと 
-  
- 小川 葉 
- 望月 ゆき 
ほんとに涙が浮かんでしまいました。
どうして、たもつさんの言葉はこんなに響くのだろう。
と、いつも思います。
- 恋月 ぴの 
- kauzak 
- オイタル 
- さくら 
- 鎖骨 
- 石田 圭太 
魚にねむらないという名前を付けて飼っていたことがあります。なんの魚だったかな、思い出せないけれど、20㎝くらいの大きさの、銀色に光る魚でした。そのへんの川で釣って来た魚です。当時、両親の仲が悪く、別居してましたので、なんだかその頃の事を思い出してしまいました(笑)とても、現実の匂いを感じたというか。まったくそのとおりだなあと。いい詩です。俺がいうのもなんですが(笑)
- つばくらめ 
- よしおかさくら 
- 大村 浩一 
- 東雲 李葉 
- ふるる 
密かに背負っている者がいるんだなと思いました
- Affettuoso [アフェットゥオーソ] 
- みお 
- ニルギリ 
- Etuji 
-  
泣きたい
- kiyuu 
-  
- そらの とこ 
最後の方、段々泣けてきました。
もううるうるです。
うーん。よしよし。
- あおば 
- norif 
- ばんざわ くにお 
- かとり 
- 西日 茜 
- もも うさぎ 
- 北大路京介 
- beebee 
- リーフレイン 
- アヅサ 
- 三上あず 
- 士狼(銀) 
- 服部聖一 
-  
- Wasabi  
- 嘉野千尋 
- 山中 烏流 
- 猫のひたい撫でるたま子 
- 空雪 
- 千月 話子 
しっとりしている・・・。
- タマムシ 
- 透明な魚 
- 七味とうがらし 
お父さんめ
- 氷魚 
- とうどうせいら 
醤油もよかったけど、これも……
- 服部 剛 

文学を感じる詩を読ませていただきました。 

- ゆりえ 
- とんぼ 
- 靜ト 
脱帽です…こころうたれました。
狙うものがないからこそ、響くんだなと強く感じました。
- 霊屋 岬 
- 直方体オレンジ 
- 川村 透 
-  
- Roid 
- コーリャ 
- ななひと 
- かけがらす 
- rabbitfighter 
- 殿岡秀秋 
たもつ様

この詩をよんで
ぼくも涙が出てきました。

殿岡秀秋
- ひとなつ 
悔しいですね
- 木崎綾音 
- 月乃助 
- 佐藤真夏 
- 洋輔 
- 無限上昇のカノン 
- nemaru 
以下の方がポイントなしでコメントを寄せています。
- ヨルノテガム
よく描いているように見えるけど
僕は正直 よく描けていないのではないか
と思っています
- モリマサ公
これに点数がはいることがわからない
みんな子犬みるとかわいーとかいうんだろう
なんつー
ああ
ことばにならない

戻る Home
コメント更新ログ