すべてのおすすめ
{引用=からだのすべてを耳にしてしまいたい、いっそ}




糸電話から伝わった振動が、
あのひとの声だったと気づいたときには、もう
音もなく、底はふるえない
わたしを塞いでいく夜にも ....
現在という塊の中から
わたしの輪郭だけを残して、わたしが
蒸発していく
夕暮れの空は赤く発光し、届かない高さで
じっとして居る
いったい、わたしは何に忘れられたのだろう



浮遊す ....
榛野 草さんの望月 ゆきさんおすすめリスト(2)
タイトル 投稿者 カテゴリ Point 日付
朝の、底- 望月 ゆ ...自由詩32*08-2-20
輪郭、その曖昧な、- 望月 ゆ ...自由詩33*07-10-22

Home
ダウンロード
うまくダウンロードできない場合は Windows:右クリックして保存 Mac:コントロールキー+クリック で保存してください。
すべてのおすすめを表示する
推薦者と被推薦者を反転する