自由詩
yamaneko/草野春心
 


  硬質な
  紙片ではない
  タクシー


  そして
  という語の
  尻だけを追って
  山猫


  観葉植物としての
  わたしは
  遣られている水の
  水らしさをしらない
  屍(かばね) 同然のヒトさ


  殖えていく
  夜への枝葉から
  すべりおちてくる
  笑えるほど他者的な
  しずくだけをすすって
  山猫 山猫 おお、山猫



戻る リロード Point(3)