このままで

ちょっとだけなんて
そんな大それた嘘は言わないから
このままずっと寝かせておいて

気休めや脅かしの言葉なんて
幾つも通り過ぎていったから
今更 届くなんてことはないでしょう

掴まれた腕が本当に痛いのよ
絡んだ肩から浸食していく惨めさを
どうしてもとめられないから

どうか わたしに
触れないで

あなたの痛さを押しつけないで
このままそっと
寝かせておいて


自由詩 このままで Copyright  2006-10-11 22:14:19縦
notebook Home