カップうどん
虹村 凌

赤い印がついてる方の蛇口を捻り
カップうどんに注ぎ込む
空腹と絶望の果てにある期待を掴んで
フタを開いたと言うのに
湯気が出てこなかった

怒りで震える拳を伝わり
机がガタガタと泣き出す

ふわり

と落ちた一枚の伝票
ガスは止まっていた


自由詩 カップうどん Copyright 虹村 凌 2006-10-05 12:45:12縦
notebook Home