初春2
ひだかたけし

緩やかに
空気が流れる
初春の宵、
懐かしい匂い
鼻腔を巡り
大気圏から降って来る
息吹く命の源を
ゆっくり静かに散種する

)ああ、魂はうっとりと
)息吹く命の香に包まれ
)何処までも何処までも
)広がっていくよな心持ち

季節は巡り、
匂い立つ
肉感的な春が来る











自由詩 初春2 Copyright ひだかたけし 2020-02-15 18:52:27縦
notebook Home