初春1
ひだかたけし

裸木の梢が揺れている
春の匂いが漂う大気に
カラスの子らが群れをなし
春の肉感をついばんで
新たな季節の到来を
心底喜び身を震わせる

春を孕んだ大気のうねり、
若芽はもう膨らんで
明日の時を待っている


自由詩 初春1 Copyright ひだかたけし 2020-02-15 14:12:12縦
notebook Home