どうせ死ぬんだからさ
こたきひろし

どうせ死ぬんだからさ
生きている間は楽しまなくちゃね

そんなの誰だって思うことだけどさ
現実は
この世の中楽しめる事より
楽しめない事の方が断然多くてさ

たとえば
セックスなんて気持ちいい事を沢山したくても
それがいつでも誰とでも簡単に出来る奴とさ
下手したら一生出来ないで仏様になっちゃう可哀想な奴もいるのが
この世の中なんだよ

万事が恵まれた奴と
万事が恵まれない奴の
差っていったい誰が決めてるんだよ

あれれれ
詩には相応しくない表現しちゃったかも

て言うか
詩に相応しい表現って俺にはムズいよ

詩を創るって
けっこう頭使うし
心磨り減らすし
健康を害するかも知れないないけど

俺みたいな脳みその比重が軽い奴と
重い奴との差は歴然としていて
結果的に作品の出来が違うんだよな

評価もそれなりで
俺のなんか鼻くその値打ちもないんだわ

学歴とか教養とか
持ってないんだから無理もないけどさ

自尊心なんて欠片持ってないんだから
誰から何を言われようとへっちゃらですわ

基本
好きだから書いてる訳で
好きだから書いてきた訳で
これからも好きだから書きたい訳で

一切実益のともなわない
趣味だから
好き勝手に書いてる訳で

もしかしたら
明日野垂れ死にするかも知れない命だから
ひたすらおのれをいとおしんで
書いてる訳で

どうせ死ぬんだから
生きている間は書いていたい訳で

誰かの為じゃない
自分の為に書いてる訳で







自由詩 どうせ死ぬんだからさ Copyright こたきひろし 2020-02-14 23:59:34
notebook Home