みずうみ
石瀬琳々

草原の彼方にあなたを見た
昨日の夢のように意味もなさずに
草の葉だけが知っているこの遠い既視


足もとがおぼつかなくなる
一羽の鳥が飛び立って空は青く


(わたしは行方知れずの夢です)
(それとも一羽の迷い鳥)


わたしに手招きする燃えるみずうみ
まぼろしだったのか あなたが顔を沈めて髪を広げた
日々はいつか燃える
後ろ姿も探さずに影法師だけがのびて
今もふいに新しくわたしはわたしのあなたを知る


あなたのための湖面はすでに凪いで
わたしのための簡素なボートだけが
岸辺に寄せてゆくみずうみ
いつか足指を濡らして渡ってゆく
漕ぎ出してゆく
旅するようにあなたのもとへ


(そうしてこの夢から放たれるために)


ここではない草原の彼方にあなたを見る
明日の予感のように唐突にきっと
一羽の鳥が戻ってくる この掌のなか




自由詩 みずうみ Copyright 石瀬琳々 2019-09-14 12:01:36縦
notebook Home