充血
ミナト 螢

悪いことだけを
見ないフリした
瞳の色は
誰よりも白く

汚れたものを
スプーンですくって
星に盛り付ける
イタズラをする

扱いに困る
嘘や綺麗事
どうしてみんな
吐き出してしまうの

そうやって言葉
投げ合いながら
強くなってくと
知っているけれど

幼いままの
心は破れて
沈黙が吐く血に
跳ねる金魚を

涙と浮かべる
赤い湖で
バタ足
逃げ足

世界に忍んだ
姿で潜りたい


自由詩 充血 Copyright ミナト 螢 2019-09-14 07:52:20
notebook Home