毎朝
たもつ



人の息と
息の間で
僕な息をした

僕の息と
人の息の間で
君は息をした

僕の息と
君の息の間に
朝はあった
毎朝
朝があった

生きていれば良いこともあるさ
と小さなことでも笑い
悲しいことを見つけては
善良な人となって悲しんだ
毎朝のように

ふと朝は無くなった
君がいないということは
そういうことだ



自由詩 毎朝 Copyright たもつ 2019-09-13 07:52:16縦
notebook Home