壁画
ただのみきや

夏をひとつぶ紙袋
開いた黒目も傷つけず
眠りの汀を照らすように
灰にならない書置きの
名前も知らない泥の中
前世と呼び馴らせば遠くて近い
五色の風の靡く音に
言葉転げて追っては失くし
上るように下るように
鉄鍋で炒られ
放蕩者は旅を止め
巡礼者は骨も露わ先へと急ぎ
歌びとは花となって散る
古色を帯びてひび割れて
黄砂を纏った未来図へ
脳天から落ちれば
触れても触れてもすり抜ける
不動で強固な幻が
客体としてのわたしを見る



          《壁画:2019年3月17日》








自由詩 壁画 Copyright ただのみきや 2019-03-17 14:51:01縦
notebook Home