ルラ

どこへ いこう
故郷も 青も
霧に 埋めた
迷える この身で

暗い 一節を
夜陰に こぼす
指を 捨てる
子どもの 様に

母の 声で
夢魔が 読んだ
デカダンスの 絵本に
かいて あった

黒い 湖
潤沢な 死
暗い 童話を
現に 孵す

写真は 並べて
雲に 隠して
私は 月に
小舟を 漕ぐ

白の うしろへ
黒い 湖へ


自由詩Copyright ルラ 2019-03-16 22:51:18
notebook Home