沈黙のなかで
帆場蔵人

誰もがそれとわかるように
名前をつけてみましょうか

花と名前をつけます
蜂と名前をつけます
光と名前をつけます

だけれど君がそれを指さすとき
花と戯れる蜂や蜂と戯れる花を
輝かせているひかり、その光に
名前など必要だろうか

ただただ耳を澄まして
ただただ眼を見張れば
ただただ美しい世界を
別ちあえないだろうか

めいっぱいの孤独の底
君と僕は名前さえ忘れ
ただただ一瞬の永遠を
望んでいたんだ、光を


自由詩 沈黙のなかで Copyright 帆場蔵人 2019-02-14 01:09:47縦
notebook Home