新しい朝
そおっと生きる



今、与えられたものだけで充分だよ

必要なものはあるだろう

いらないものの方が多い位だ



今あるものだけで上手く回っていくように

皆が必要なものだけで満足するように

一部の者が取りすぎないように


それを考えていこう



そうすれば解るだろう



そんなに急ぐ必要など全くなかったんだと


春も夏も秋も冬も

朝も昼も夜も

晴れも雨も嵐も

何かに追われるかのように

急ぐ必要など


ぶつかって血をながしても

もうついていけないと落伍するものがでても

転んでびっこひいても

急ぐ必要など


さらさらなかったんだよ



急げば急ぐほど

摩擦が生まれ

周囲と上手くいかなくなる

それを克服するためとして

更に急ぐ

悪循環だよ



それを望むものがいる

皆を急がせて急がせて


倒れた者を助ける余裕もないほどに

自分がどこにいるのか

何をしているのか

何のためにしているのか

それすらも解らないほどに

周りを見えなくさせて


なにもせず

殆んどのものを掠め取っていく





さあ終わらせよう

そして始めよう

新たなる循環を創るために




不足しているものなど何もない

世界の悪い夢はもう終わりだ

奴らの悪い現実の始まりだ

いらないガラクタは捨て去ろう

奴らの良い夢はもう終わりだ

そして

全ての良い循環の始まりだ





そうすれば自ずから戻ってくる

弱者をいたわる心も

子供の朗らかな笑い声も

真の強さと優しさも

求めることもなく

ごく自然に




そして気持ちの良い朝を迎えよう



自由詩 新しい朝 Copyright そおっと生きる 2018-12-08 16:47:29
notebook Home