石の合唱
服部 剛

誰かが蹴とばした丸石が
転がって
僕の爪先にぴたり、とまる

――丸石は、ささやいた

空っ風が吹いてきて
一枚の枯葉はしゃべりながら
アスファルトを、撫でていった

よく見ると、丸石の周囲には
アスファルトに閉じ込められた
石達が無音の合唱を歌い
(口を開き)
一人ひとりの石達は
光の糸で結ばれながら
哀しく微笑みかけるのだった

信号待ちのひと時
立ち止まる、歩行者の僕に  






自由詩 石の合唱 Copyright 服部 剛 2018-12-07 23:18:53縦
notebook Home