(無題)
la_feminite_nue

冷蔵庫の扉に、傷。
  こころを内側から叩いても、
 音を立てるのは、
       境界だけなら……

 それらの傷が、
  全て「それら」に、変わってしまうまで。
せめて、
   いつかという謎かけをしないで。


自由詩 (無題) Copyright la_feminite_nue 2018-12-07 17:33:13
notebook Home