うつらうつら
赤椿

朽ちない白い 小さな花と

朽ちゆく赤い 大きな花と

今夜は何の夢を見ようかと

腐りゆく水に 足を浸しながら

ぽつり ぽつりと 言葉を落として

顔を上げると

月はなくて

ああ みんなで昨日 食べてしまったねと

涙して

それはやがて 夜空の銀の星になる

時計の針を折り捨てて

今日も僕は眠りにつく


自由詩 うつらうつら Copyright 赤椿 2018-09-16 00:50:59縦
notebook Home