Emblem
竜野欠伸

塔は沈黙をしながら
夕空へと
突き出していて
旗は海から吹く
旋風にそっと
揺らいでいる

Emblemの袂とは
勝負を切り結ぶ戦士たちの
闘いが始まっても
互いの信義をもとにして
闘いを決着する場所を
示す証であって
その交誼に懸けて
偽りはあってはならない
この誓いを示す印を
胸に秘めながら

この袂での戦いは
名誉を賭けることであって
命を賭けることではない
闘いに負けることは
良心があるからであって
闘いに勝つことは
ただ唯一の誇りでしかない
旋風とともに
奇跡を迎えよう


自由詩 Emblem Copyright 竜野欠伸 2015-09-07 21:02:10
notebook Home
この文書は以下の文書グループに登録されています。
Democratic Poems