秘密
アオゾラ誤爆

目をとじたまま夜を織っていく
書き損ねた昨日の日記を
改竄する

遊びつかれてもまだ泳いだ
つめたい壁にぶちあたるまで
嘘も真実もこの手にあった
そして飽きもせず
わらった

ひかりを反射する
背表紙のだれかの名前
沈んでいくように歩いている
浮かばれない気持ち
だいてる

綿毛のぬくみに身を任せて
おもいだせないよ
窓越しの逢瀬は
空も
照らす

気づかないのかな
底に落ちている
誰も
ひろわない空白の秘密


自由詩 秘密 Copyright アオゾラ誤爆 2011-02-09 20:55:38縦
notebook Home 戻る  過去 未来