NOT FOUND
優飛



今日見えたものが
明日も見えると信じてるから
生きて行けるのですか?

さながら私たちは
籠の中の鳥にもなりきれずに
開け放たれた扉を
行ったり来たりの繰り返し

振り向けば
餌と水と
それなりの暮らしをそれなりに

昨日と今日が同じでも
疑問と思えない
ある種の安堵感
夜になると閉められる扉にも

夢だけは見てるつもりの
そんな幻想
現実は夢さえもみれてない
見せてもらえない

いつかの景色
空は青かったと
感慨深げに眼を閉じてみる


空なんて見た事ないくせに




自由詩 NOT FOUND Copyright 優飛 2007-07-08 05:37:23縦
notebook Home