果て
たもつ

オシロイバナがどこまでも咲く
原っぱの真ん中で
日焼けのしていない細い腕を
嬉しそうに振り回している
いくつになっても夢をあきらめない
ここまできてやっと
あなたは扇風機になれたのだった


自由詩 果て Copyright たもつ 2007-05-06 22:32:23縦
notebook Home