冬のシュプレヒコールに
ならぢゅん(矮猫亭)

その言葉は
誰に届くのだろうか
「しろ」とか
「やめろ」とか
命令形で発せられる言葉
そして隊列は
どこに行き着くのか

冬枯れのけやき並木
梢の向こうに木星が冴える
その静まりを越えて
僕には帰る場所がある
コートのポケットの中で
握りつぶす沈黙

そしていつものように
女の白い耳許に
ささやかな
シュプレヒコールを捧げるのだ

http://kigaru.gaiax.com/home/saku


自由詩 冬のシュプレヒコールに Copyright ならぢゅん(矮猫亭) 2003-04-21 12:20:21縦
notebook Home