" ランダム表示 【自由詩】薬莢と引き出し
薬莢と引き出し
吉岡ペペロ

始まったばかりだけど

空虚だから

苦しむのは当たり前なんだ

薬莢を使わずに眠れたら

ぼくらはどんなに楽だろう

誰にでもあるそんな引き出しを

身近におもえるようになるために

ぼくらはたぶん生まれて来たんだ


さすらいの果てが

なんにもないようなところだとしても

祈りみたいなものを

世界との関わりあいみたいなものを

自覚的であろうが無自覚的であろうが

見つけるために生まれて来たんだ


始まったばかりだけど

空虚だから

苦しむのは当たり前なんだ

薬莢を使わずに眠れたら

ぼくらはどんなに楽だろう

誰にでもあるそんな引き出しを

身近におもえるようになるために

ぼくらはきっと生まれて来たんだ









自由詩 薬莢と引き出し Copyright 吉岡ペペロ 2015-06-27 15:10:19
notebook Home