" ランダム表示 【自由詩】靄風
靄風
夜恋

連なる山々は
距離に重なり
朝靄で色を変える

未だ少しの明るさで
世界はモノクロに輝く

木々の輪郭は白に濃く縁取られ
時に流れて表情を消してゆく

此処にすでに白はなく
ただ
碧と翠の輝くのみ


自由詩 靄風 Copyright 夜恋 2008-06-01 04:12:11
notebook Home