" ランダム表示 【自由詩】じゃじゃ馬ならし
じゃじゃ馬ならし
梅昆布茶

君は言う
あたしはじゃじゃ馬娘だから

さすがに居酒屋で四時間も下ネタは
キツいぜ
頭のネジが
飛びそうだったよ

終いに俺の連れと
危ない時は
口で済ましちゃったほうが
いいとか
悪いとか口論して
彼は怒って
帰っちゃうしさあ

頭のネジがまた
飛んじゃったよ

子連れなのにねえ
まあDSでげーむしてるから
いいようなものの

マスターはラストオーダーが終わったので店の隅ブルースのギターをあわしてる

ガットギターで奏でるテンションコードが心地よい
ほの暗い
オリエンタルな

そして更年期のじゃじゃ馬娘と
種馬のぼくと
姐さんのいる
店内

やぁしばらくだねぇ
mixiからもいなくなっちゃうし

うん
ちょっとメールが多すぎてね…

結婚したかと思っちゃったよ

髭のマスターが言う

彼は分厚いノートに一冊ぐらいも
詩を書きためている

うん結婚するかもしれない

この酔うといつも暴走する
生理の上がりそうな
じゃじゃ馬娘と
種馬の僕



自由詩 じゃじゃ馬ならし Copyright 梅昆布茶 2011-08-17 14:19:34
notebook Home