Tangerine Dream/もとこ
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 渚鳥 

>ひからびた胎児
ではないけれど、ひからびた赤ん坊の夢を見たことがあります。歪んでいるのは夢なのか、その夢を見ている自分なのか。世界やパン(bread)に関心を持ち続ける主人公(女性視点)。
きっちり一行ずつの余白が、寓話的な雰囲気を出している、と思いました。
- 空丸ゆらぎ・続 
- 白島 真 
- 梅昆布茶 
- 1486 106 
- そらの珊瑚 
- 間村長 
- たこすけ 
---2018/02/16 20:17追記---
不遇な環境におかれた女神に声をかける胎児となったふりして
感想をかいております。

目覚めることに
恐怖と渇望をあわせ持つ女性に対してですから
わりかしデリケートなことなのかもしれない
返答次第ではギリシャ神話のように
生き地獄の目にあわされるかもしれない
でも、やっぱりけっこうパンクな詩だなと思う。

目覚めたときに手を振るでしょう。
胎児はたぶん、手をふります。干からびているから
風にゆれた、のかもしれません。
ウィンクして、とりあえずなにかの意思表示もします。

哀愁ではまったくないのでありまして、
たた母体の空の下で過ごした長い日々を思い返し
やあ、ずいぶん長い間孕んでくれてましたねと
ねぎらうかのように、そしてあっけらかんとささやくでしょう

そういう風にいってあげたくなるような
最後の文節に強さと自由さがある
と、ぽややんとよみました。

Home
コメント更新ログ