自由詩
オブイェクト/hiroto
 
引き張られた慣性のたまり場
描き出される指先から
作られたオブイェクト

放たれた感性 無限の混沌
直結させる 寛大な宇宙へと
生み出されるオブイェクト
限りなく そこに 
ただ

歩き出す 千々れた足に
重すぎる結末 でも光り無く
希望というモノが若しかこの世の中にあるのなら
限りは無い
ただ そこに オブイェクト

似ているだろう朝の陽光 柔らかな日々
思い出せ 安らぎと静寂と 紙一重の若葉を
正しく求め合い 限りなく奪い合い
選び合い 探し合い そして見つけた
ただ そこに 在りし日の思い出と
ただ ここに 打ちのめす悪を

だれにもとどかぬ オブイェクト

前人未到の オブイェクト
戻る リロード Point(0)