自由詩
ぽえむ君−道標−/ぽえむ君
 
ぼくは詩人

過去とは自分の人生の道しるべ
同時にまた未来への方向を示す

今日もまた

夜の散歩をしていると
橋に出会いました

橋の向こうは
また道が続く

舗装された道を進めば
土と石だけの道が始まる

やがて行き止まり
多くのものは引き返す

道標が立つも
それはあまりにも小さく
気づかずに入り込む

今は行き止まりなのであろうが
未来はわからない

道標は取り除かれ
新たな道標へと変えられるのだろう

橋の向こうの
未来はわからない

橋の街灯が時おり瞬きをする

気持ちに言葉はいらない

明日もまた

言葉のない詩を作りたい
戻る リロード Point(4)