自由詩
ねこにんげん(7)/暗闇れもん
 
久しぶりにこの地に雪が降った
雪の降る朝の空は冷たい味がする

日の光が淡い空の向こうから染み込んでくる
沢山着込んでしまいたくなくて
わざと足を冷やしながら
そろそろと雪をまとう

犬さえも凍える空の下

何度もはねて冬を楽しむ





戻る リロード Point(3)