自由詩
「紫陽花」/ベンジャミン
 
透明に含まれる
ほんのわずかをくみとって
花色をかえる

まだ色づく前の紫陽花は
どれも同じような顔をしていて
まるで顔色をうかがうように
あなたを見上げている

やがて色づく
その紫陽花を前にして
泣かないための言葉を呟く

あなたは
悲しく見える色が
悲しみを浮かべた色だと知っている

日々色を増し
日常を浮かび上がらせて紫陽花は
やがて散ってしまうとしても

まだ残された時間の中で
静かに呼吸をつづけ
そのときだけの色をみせてくれる
その花びらが

あなたの瞳に
ただ美しく映るなら

六月は
けして雨の日ばかりではない

戻る リロード Point(5)