自由詩
美しい馬鹿/ただのみきや
 
ある日馬鹿(うましか)は恋をした
とても美しい理念に

薬はなかった
あっても飲みはしないだろう
なにせ

夕日を浴びた馬鹿(うましか)の群れが
一斉に嘶いた

美しい理念は美しいまま
血の色をした地平へ沈んで往く

放射冷却されて冴えわたる
月もまた美しかったが

「やつらはバカに違いない」
疑うことなく馬鹿(うましか)は眠りについた




          《美しい馬鹿(うましか):2015年9月20日》




戻る リロード Point(13)