コーヒーアンソロジーの散文版です。評論やエッセイのテーマとしてもコーヒーは魅力的ですし、小説でもコーヒーをテーマにしたもの、コーヒーが効果的に使われているものが多いです。評論、エッセイ、小説など作品 .
{画像=140804093036.jpg}

宮沢賢治の韻文作品(短歌、俳句、口語詩、文語詩、外国語詩、韻文形童話、歌曲、韻文メモ)についての感想、解説、研究、情報提供(リンク紹介等)などで ....
 気取りなしでガチで向き合うと、その分だけ本は答えてくれます。流行りではなくても好きな本があり、めいっぱい語ってみたい方のために、この文書グループを公開制にしました。どなたでも登録いただけます。

 ....
このグループの説明文は設定されていません 詩についての批評。
詩の歴史。詩の技法。詩の定義。など。
討論(自由参加)
タイトル 作者/編者 カテゴリ 日付
コーヒー散文集(4)深水遊脚討論(自由参加)16/12/9 20:38
宮沢賢治詩の分析と鑑賞(15)Giton討論(自由参加)14/10/2 3:41
閉架図書(1)深水遊脚討論(自由参加)14/8/31 20:11
提言(7)北村 守通討論(自由参加)09/3/30 1:46
批評(3)木棚環樹討論(自由参加)07/10/19 21:17

Home
0.04sec.