創書日和「白」
虹村 凌

薄暗い喫茶店の一番奥の席で待ってるから
美味しい珈琲を注文して待ってるから
いつものセブンスターを吸って待ってるから
どれだけ遅れてきてもいいから
金色のマルボロを掴んで
お話をしようよ
どんな話でもいいから
どんな呼び名でもいいから
声を聞かせてよ

お茶っ葉も買ってきたよ
その白い首に巻くマフラーも買ってきたよ
だから
煙草の煙を一生にしよう


別れ際にいきなりキスをするよ


自由詩 創書日和「白」 Copyright 虹村 凌 2006-11-12 12:19:32縦
notebook Home 戻る  過去 未来
この文書は以下の文書グループに登録されています。
創書日和、過去。