くるしいとき
ヤギ

ひとがすごくくるしいとき
おかしくて仕方のないものか
くるしくて仕方のないものか
どちらかを求めるとおもう
いくらかの安らぎのために

それができる文章は
どちらにせよ
くるしいひとしか書けないとおもう
僕はたいてい、くるしくて仕方のないものに救われる
しかし、そういう文章はどうしても書けない
性分なのか
わらわせようとすることしかできない

りんごの木にみかんはならないけど、りんごがなる
そんなふうに
くるしいひとにはそれぞれの
だれかの安らぎとなる文章が書けるのではないか、とおもっている


未詩・独白 くるしいとき Copyright ヤギ 2006-03-25 04:06:48縦
notebook Home 戻る  過去 未来