光合成
帆場蔵人

宵闇通りをお迎えにあがります
ブン、はブンであり吾輩ではない
ようやく木に将来が吊るされた

ふるびた
    かんざしが
         流木に刺され

朝陽を待ちながらさみしく影をさする、痩身、鐘を鳴らして、
辺りでブンは石を積んでは崩れてかぞえる、

もしくは光合成できずに
真夜中にひかれないかなしみ
ありふれたらありふれた

ブン、はブンであり何者でもない


自由詩 光合成 Copyright 帆場蔵人 2021-09-18 01:08:08縦
notebook Home 戻る  過去 未来